現在ワールドカップで盛り上がっていますが、ウルグアイのスアレス選手が、
相手チームの選手に対して噛みつき行為を行ったとして、サッカーに関する4か月の活動停止と、
決勝トーナメントの出場停止処分が下された、というニュースがありました。

このニュースには、思わずビックリしましたね。

試合中はカッとなる事があるかもしれないけど、
相手チームの選手に噛みつきはやってはいけない事だし、噛みつかれた選手も痛かったでしょう。

これはスポーツ選手として、恥ずべき行為であり、
出場停止処分は当然の事で、スアレス選手にとっては自業自得ですね。

出場停止処分、4か月の活動停止を機に、頭を冷やして反省して欲しいです。

スアレス選手は過去に2度、噛みつき行為を行っている事から、
4か月の活動停止だけでは甘いような気がします。

噛みつき行為を行う選手を出さない為にも、
永久に出場停止という処分もあり得たと思います。

ワールドカップで盛り上がっている中で、私にとっては残念なニュースでした。